妊婦さんはお腹の赤ちゃんのために

口に入れるものが気になりますよね。

 

今回は生野菜や果物は安全なのか?

残留農薬できるだけ除去して安心して食べるには?

 

などについて書いていきます。

 

残留農薬は洗って落ちる?妊婦は生野菜・果物に注意

 

妊婦さんが生野菜や果物を食べるときの注意点。

 

最近はグリーンスムージーなどで

野菜や果物を丸ごと栄養摂取することもよくあると思うので

気を付けてくださいね。

 

野菜や果物には残留農薬や有害な菌が存在

妊婦さんは胎児のためにもバランスよい食生活が大切。

 

特にビタミンや葉酸摂取、

便秘解消にもなる食物繊維の摂取ということで

 

不足しがちな野菜や果物については意識して摂りたいところ。

 

ですが一つ注意すべきなのは

 

野菜や果物に付着している

残留農薬や各種の菌の存在です。

 

 

有機栽培・無農薬の野菜は別として

通常スーパーや八百屋で販売している野菜や果物には

少なからず残留農薬が存在します。

 

 

農薬はそのままだとうまく野菜に付着してくれないため

「展着剤」という「のり」の役目をする薬剤とともに散布されています。

 

特にイネやネギ、ツルツルした野菜(キャベツやトマトなど)には

農薬メーカーから展着剤の使用が推奨されているようです。

 

このため、単純な水洗いでは農薬が落ちきらず

家庭に運ばれてくるまで残存しているのが「残留農薬」というわけです。

 

 

皮をむかずにそのまま食べる果物は要注意。

 

特にイチゴなどは虫が付かないように大量の農薬が散布されているとのこと。

 

大きめのイチゴ2粒でヨーロッパの摂取基準値を超えるという話もあります。

(日本は農家やメーカーの利益を守るために基準が甘いんですって( ゚Д゚))

 

 

 

農薬とは少し話がずれますが、

 

加熱せずに野菜や果物を食べることで

妊婦さんにもう一つ気を付けてほしいのが「トキソプラズマ」

 

このトキソプラズマはなんとお腹の中の胎児にも

胎盤を介して感染してしまう可能性があります。

 

もし胎児に感染してしまうと、脳や目に障害が発生する可能性があるとのこと

 

また、大腸菌などの食中毒につながる細菌も

免疫力の低下した妊婦さんには普段以上に脅威になりますから

十分に注意が必要です。

 

国産農産物こそ残留農薬に注意

 

国によると残留農薬は口に入れても健康に影響がない程度とされています。

 

が、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんや体の小さな乳幼児は

不要なもの、有害なものは口にしないにこしたことはありません。

 

 

日本の農薬使用量は世界第二位。

 

しかも欧米では害があるとして禁止されている農薬が

日本では禁止されていなかったりと

 

何かと疑問です・・・|д゚)

 

 

お腹の赤ちゃんや、離乳食の始まった赤ちゃんのために

できるだけ国産の食品を・・・

 

と心がけているママも多いと思いますが

 

国産だからこそ残留農薬は多いかもしれない

ということは知っておいて良いかもしれません。

 

 

残留農薬や菌の除去!洗い方・落とし方

 

妊娠中や子供が小さいうちだけでも

できるだけ有害物質を口に入れないような工夫をしたい

というママは多いと思います。

 

まず、菌についてですが

最も有効なのは生で食べないということ。(;’∀’)

 

熱湯で2分以上加熱する、など

食中毒予防の基本的な調理方法により

多くの菌や寄生虫は死滅します。

 

 

が、今回は「生野菜や果物を安全に」というテーマなので

 

残留農薬も菌も含めて、

加熱以外で除去することについて書いていこうと思います。

 

お酢洗浄

 

まず一つ目にはお酢で洗うというやり方。

 

ぬるま湯1リットルに対し、お酢大さじ1強を入れたもので

野菜や果物を洗います。

 

お酢は家庭に常備されていることが多いので

やりやすい方法かと思います。

 

一方で

しっかりとすすがないと味やにおいに影響する、

計量が若干手間

というデメリットもあります。

 

貝殻焼成カルシウムで洗浄

アンチエイジングブログで有名な「アンチエイジングの鬼」でも

紹介されていて知ったのですが

 

貝殻を焼いて粉末状にしたものを水に溶かして

これに野菜を浸しておくと

 

野菜によってはものすごい汚れが浮いてくるらしい・・・

無農薬野菜では浮いてこないらしい

 

野菜・果物洗い 100g[ほたてのチカラ 貝殻焼成カルシウム]


こういうやつ ↑

 

これの良いところは

 

もともとがカルシウム(食品添加物)なので

多少すすぎ残したとしても体に害がないこと。

 

不便な点としては

 

何分か浸け置きした方が良いので手軽さに欠ける

溶かした水をあまり触れすぎると手が荒れやすい

 

と言う点でしょう。

 

とは言え、何気なく口にしている野菜も

目に見えない色んなものが付着しているんだな!

と色々テストできると思うので

 

生野菜・果物食べたい妊婦さんや

赤ちゃんに食べさせるママは試してみるといいかもしれません。

↑参考までに、これが比較的安くて送料も無料でした

 

以上

生野菜・果物の残留農薬・菌についてと

その落とし方・洗い方についてでした。

 

どなたかの参考になると幸いです(*´▽`*)