今回は「妊娠前にしておいた方がよいこと」についてです。

 

妊娠前の準備~しておいた方が良いこと~

めでたく赤ちゃんを授かってから

これしておけばよかった!

となりがちなことについて3点ほど書いていきます。

困り顔の妊婦

 

自分の体のチェック

まずは妊婦になる前にチェックしたい体のこと、

代表的な2点についてです。

 

危険な感染症の抗体チェック

一番大切なのは、各種抗体が自分の体にあるか?です。

注射器

例えば2013年は風疹が流行しましたが

妊婦さんが風疹に感染すると

赤ちゃんに障害を残してしまう可能性があります。

 

風疹のほかに、

トキソプラズマやリンゴ病なども同様です。

 

子供の時に罹っていて抗体がある

とはっきりしていればいいですが、

そうでない場合は検査でわかります。

 

赤ちゃん待ちをしている女性はぜひ

産婦人科で妊娠希望の旨を伝えて、各種抗体検査を受けましょう。

 

そして必要に応じて各種予防接種を受けておきましょう。

 

できれば旦那さんもご一緒に!

 

虫歯の治療

自分の体のチェックで、見逃しがちなのが

虫歯のチェックです。

 

妊娠中は歯周病や虫歯にかかるリスクが高まります。

歯ブラシ

ホルモンバランスの乱れも影響の一つですが

つわりで歯磨きがしっかりできなかったり

 

お腹が大きくなると歯医者で寝る姿勢がつらい、

麻酔治療の赤ちゃんへの影響が心配、

 

などにより歯医者から足が遠のき、

もともとあった虫歯が悪化してしまうことも。

 

日頃から歯医者で定期健診を受け、

口内環境をよくしておくことが大切です。

 

体力をつける(特に腹筋!)

これは私も非常に当てはまることですが、

妊娠・出産は体力が落ちる!!!!

 

そして妊娠中は体調のこともあり

なかなか体力対策ができない!!!!

 

という件があります。

 

地味に感じたのが

トイレで腹筋に力が入らない(ノД`)・゜・。

便秘

妊娠中はほんとに便秘になりやすいのですが

そもそも便秘になるのに腹筋が弱いというのも

一つの原因になりますし、

 

便秘になってしまったら

今度は踏ん張りたくても踏ん張れない(ノД`)・゜・。

 

てことで腹筋を鍛えとけばよかった・・・

と切に感じたのでした。

 

もちろん妊娠してからでは腹筋運動などできません!!

 

 

葉酸の摂取

最後に、葉酸の摂取の件です。

 

葉酸は胎児の先天性神経疾患を防ぐ役割があります。

 

このことはとても有名なので

妊娠してから葉酸サプリなどを調べる方は多いですが

(ていうか私もそのクチ)

 

実は葉酸を必要とするピークは

妊娠2か月前から3カ月ごろまで。

 

めでたく授かった♪では葉酸を♪

と思っても、実はもう遅かったりします(;’∀’)

 

もちろん3カ月以降も適度に葉酸をとり続けることは有益ですが

せっかくなら最も大事な時期を逃したくないですよね。

 

子供が欲しいと思ったら

そのタイミングで葉酸の摂取を心がけ、

必要であれば葉酸サプリなどで補いましょう!

サプリメント

 

サプリにも色々ありますが

妊婦に不足しがちな鉄分なども配合されていたりするので

やはり妊婦さんのために作られた葉酸サプリが効果的だと思います。

 

子供が欲しいと思ったタイミングでチェック!

以上、妊娠前の準備、

妊娠前にこそできること、しておいた方が良いこと

についてでした。

 

子供がほしいと思っている方は

今回書いたようなことも気を付けてみると良いと思います◎