ジュンビーのグリーンゼリーは怪しい?危険?安全性は大丈夫?口コミ

 

産み分けゼリー「ピンクゼリー」を販売しているジュンビー株式会社。

妊活で産み分けを試みようとしている方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

今まで女の子産み分けのピンクゼリーしか販売していなかったのですが・・・

この秋(2018/11/28)についに男の子産み分けのためのグリーンゼリーが発売に!

 

効果や安全性などなど・・・信用できる?について。

男の子産み分けで産み分けゼリー検討中の方向けに解説してみました。



ジュンビーのグリーンゼリー口コミ!怪しいの?

ジュンビーと言うと女の子産み分けのためのピンクゼリーが有名です。

 

2017年の夏に発売されてから、

使いやすさやコスパや返金サービスなどが好評の様子でしたが・・・

 

男の子産み分けのためのグリーンゼリーは長らく販売していませんでした。

 

それがこの秋、ジュンビーのグリーンゼリーが発売開始。

男の子希望の場合の産み分けアイテムの選択肢が増えました( *´艸`)

 

ただ、新しい商品なだけに、

効果はあるの?怪しいかも?

と心配になる気持ちもあるかと。

 

この辺を判断するのにまず大前提として・・・

産み分けゼリーの産み分けというのは絶対ではない。
そして産み分け自体にも絶対というのはない。

ここは押さえておきたいところです。

(日本で許可されていない方法であれば絶対の産み分けもありますが)

 

その上で、産み分け関連のアイテムや方法に関しては迷信のようなものもたくさんありますが、

少しでも科学的に信用できる部分があって、

女性の身体や赤ちゃんに影響の出ない安全な方法を合わせ技で取り組んでみる、

ということが大切かなあと思っています。

 

産み分けゼリーは膣内を酸性・アルカリ性に傾けて、

男の子/女の子になる精子を活動しやすくすることで

産み分けにつなげるアイテム。

 

科学的には納得できる方法ですから、

自分で産み分けしたい場合はぜひとも取り入れたい方法だと思います。

(私自身も2人目で女の子、3人目で男の子産み分けで産み分けゼリー使いました)

 

では、いくつかある男の子産み分けゼリーの中で、ジュンビーのグリーンゼリーは試す価値あるの?

というところですが、私個人的には十分その価値はあると思います。

 

というのも、ジュンビーがピンクゼリーを発売開始してから約1年ちょっと。

グリーンゼリーはいつ出るのかな~と思いながらウォッチしていたんですが

(自分も3人目男の子産み分け希望だったので)

中々発売されない!!

 

他の他社製品(産み分けゼリー)だと

男の子用と女の子用を同時に発売開始しているのに比べて、

ジュンビーのグリーンゼリーは世に出てくるのが非常に遅かった!!!

 

一概には言えませんが・・・

これってこだわりと責任を持って開発されている証拠の一つになるかなあと思いました。

 

ピンクゼリーの方が売れ行き好調だったみたいなので、

その勢いだったらグリーンゼリーも

少なくとも数か月後くらいに出せば売れてたんじゃないかと思います。

 

産み分けは絶対じゃない以上、

適当な成分で(←嫌な言い方ですが)

効果がなかったとしても、

産み分けゼリーだけのせいにはできませんしね・・・

 

ですが、そこはきっちり研究・開発してきたと思えるんですよね。

満を持しての発売なところを見ると。

 

それと、ピンクゼリーでの成功例など

モニターや購入客からの声を収集しているところもあるので、

新発売ではありますがかなりノウハウを踏襲して作られた感もあります。

 

1年ちょっと前の夏、

初めてジュンビーのピンクゼリーが発売されて、

これを試してみたパパママ達は多少勇気がいるところもあったかもしれません。

 

が、今回のグリーンゼリーに関して言うと、

ここまで順調に愛用者の増えているピンクゼリーの姉妹品ということで、怪しいものとは考えにくいです( *´艸`)

 

男の子産み分けに効果のある成分

(膣内をアルカリ性に傾ける)が

ジュンビー独自研究の結果最適と思われる配合で入っているのは疑うところではないと思います。

 

でも、このあたりの成分・配合に関しては各社の企業秘密でしょうし、

一般人にはどういう配合であれば産み分けに一番効果があるかというのは判断できません。

(というか各自の体質などもあるので、誰にでも最適な配合というのは難しいかも)

 

ですので、産み分けを試したい購入者側としては、

  • いい加減な企業・商品でないか
  • 身体に入れるのに最低限不安な成分が入っていないか

このあたりをチェックして合格であれば、あとはひとまず自分の目で見て試してみるしかないのかなあと思います。

ちなみに私も二人目産み分け(女の子)でピンクゼリーは2種類手に取ってみましたよ~

 

例えて言えば美容品なんかも一緒ですよね。

「美白に効果あり!」と売られていても、成分見てもいまいち効果があるか判断はできない。

あとは企業に対する信頼性(この辺は口コミや他の商品の販売実績とかから判断)とか最低限身体に悪いものが入っていないかとか程度を見つつ、試してみるしかないという。。

 

で、ジュンビーのグリーンゼリーについてはこの点問題なしだと思ううんですよね。

(安全性についてはさらにこの後にも書いていきます)

ジュンビーグリーンゼリーは危険?安全性は大丈夫?

さて、ジュンビーのグリーンゼリーは

  • 産み分けゼリーではある程度実績のある会社から出されている
  • ピンクゼリーの実績をもとに少なくとも1年以上開発されて満を持して発売されたもの

⇒なのである程度信用して良さそう

ということを書いてきました。

 

ただ、産み分けゼリーは身体のデリケートな部分に直接触れる物ですし、

やっぱり多少安全面などで不安・・・

という方もいるかもしれません。

 

ここでジュンビーのグリーンゼリーの安心できるポイントとして大きいのが「管理医療機器」である点になると思います。

 

他社の産み分けゼリーは「雑貨」という分類で販売されているのに対し、

ジュンビーのピンクゼリー、グリーンゼリーは

「管理医療機器」

として厚生労働省に許可をとった商品になります。

 

この「管理医療機器」での登録、そんなに簡単にできるものでもないと思われます・・・

(でなければライバル他社も今頃軒並み許可をとっていると思われるので)

 

管理医療機器として認められるためにもグリーンゼリーの開発・販売が遅れたという側面もあるのかもしれませんね。

 

ジュンビー自身もこの点は商品のアピールポイントとしてあげていますが、

わかりやすく安心できるというのは購入者側への配慮と言えますし、

産み分けゼリー選びの大きなポイントになるかと思います!

 

産み分けゼリーの選び方にも基準は各自色々あるかと思いますが

(口コミの成功事例数であったりコスパであったり…)

安全性を重要視する方には、ジュンビーのグリーンゼリーはかなり合っている

のではないでしょうか。



ジュンビーグリーンゼリー購入で失敗しないためには

一部の男の子赤ちゃん希望者には待望されていたジュンビーのグリーンゼリー。

そして、産み分けを検討し始めて「グリーンゼリーというのがあるらしい!」と初めて最近知ったという方にとっても。

 

偽物・類似品でない、なおかつ新鮮なものを購入して使いたいところですよね。

 

せっかくのやり直しのきかない産み分けに使うゼリー、

色々吟味した上でジュンビーのグリーンゼリーを選択した!

というのに、

偽物や品質の落ちたものをつかまされたのでは泣くに泣けません(つд⊂)エーン

(しかも買って偽物や品質が落ちていると見分けがつけばまだしも、普通はわかりませんよね・・・)

 

なので私としては、産み分けゼリーは必ず正規購入店(販売ページ)から購入してほしいと思います。

 

例えばamazonや楽天でもそのうち販売されることが考えられます。

また、余ったグリーンゼリーをメルカリなどのフリマサイトで売る人も出てくるでしょう。

 

はっきり言って、こういったところから購入するのはおすすめしません。

 

アマゾンや楽天で販売する代行業者は

商品の品質にはそこまで責任を感じて販売しているとも思えませんし、

ましてや一般の購入者の余り物となるとなおさらです。

(保管場所や環境などによっては、ゼリーの劣化になる可能性あります)

 

せっかく安全性や信頼感など吟味して選んだのに、購入で失敗するのは避けたいところ( ゚Д゚)

 

なので、ゼリーの効果・品質に最大限注意を払っているジュンビーのサイトから直接購入するのが何よりかと思います。

(私自身も自分で産み分けゼリーを購入したときは公式サイト一択でした。)

ほんの少しお値段がお得だからとフリマサイトで購入して不安を残すよりは、安心な場所で購入を個人的にはおすすめします!

 

(ジュンビーのグリーンゼリーの正規購入店はこちらです)
↓ ↓ ↓

グリーンゼリー公式サイト



 

さらに公式サイトで購入することで様々な特典・安心が得られるのも要チェックですね。

 

関連記事「ジュンビーグリーンゼリーピンクゼリーをamazonやメルカリで買う危険性」

 

ぜひ後悔のないよう産み分けチャレンジしてみてください(≧▽≦)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ