二人目出産の陣痛が怖い!無痛分娩てどう?痛みや間隔など体験談

出産になくてはならない陣痛。

1人目の時もどきどきしますが、2人目3人目だからこそ当日に向けて恐怖が・・・

という妊婦さん、多いと思います。

 

当日までの心の持ち方と私自身の2人目3人目出産のときの体験談などを書いてみました。

考えすぎてしまうママは参考にしてみてください(*´▽`*)

二人目出産だからこそ陣痛が怖い!

 

出産も2人目、3人目と回数を追うごとになぜか「初めてじゃないから大丈夫よね」な扱いになる経産婦妊婦さん。

ですが、初めてじゃないからこそ不安なのが・・・陣痛への恐怖ですよね!!(ノД`)・゜・。

 

1人目の時は「みんなこうしてママになってるんだしな」とえいやで当日を迎えましたが、やはり痛いし(;´∀`)

2人目3人目になると前の経験があるからこその恐怖というのもあると思います。

 

また、1人目出産はお産が中々進まない人もたくさんいますし、その時の記憶から、予定日が近づくにつれて楽しみというより怖いという気持ちが・・・という妊婦さんも結構多いのではないでしょうか?

 

私自身も最初の出産は20時間以上の長丁場でしたから人並みに苦労しましたし、だからこそ2人目欲しいけど陣痛はやだなーと思うほどでした。

 

そんな陣痛が怖い妊婦さん(または陣痛が怖くて二人目妊娠をためらっているママ)、出産までどういう心の持ちようで過ごせばよいのか?について。

 

まず、経産婦は初産よりは楽な人が多いとはいえ、痛いものは痛いです(笑)

でも耐えられます(笑)

なので無心で過ごすしかないかなあと思います!

 

私は意識的に「痛かった」という後ろ向きな気持ちは持たないようにして、「なんかすんなり安産になりそうな気がする!」と自己暗示をかけてました(;´∀`)

 

でもそしたら2人目は陣痛来てから1時間半、3人目は2時間でするりと生まれてきましたよ( *´艸`)

(どちらも破水スタートで陣痛は後からでした)

 

もちろん2人目も苦労するママもいるかもしれませんが、私の周りの2人目3人目ママは少なくとも「超早くて産後の経過も絶好調!」なママばかりです。

 

出産する日というのは嫌でも必ず来ますから、そして必ず乗り越えられるわけですから、あんまり考えてもしょうがないわけですよね◎

 

赤ちゃんに会えることだけを楽しみに、あとは無心で!残り少ない妊婦生活を楽しんだり、今しかできないことに夢中になってればその日が来て過ぎていきますよ(笑)

 

なので大丈夫です!!!

二人目の陣痛は無痛分娩で避けられる?

前のお産の時が痛すぎて、2人目3人目は絶対無痛分娩で!

というママもいますよね。

 

で、無痛の病院がうまく見つかったママは安心してどーんと構えていると思うので、この記事は見ていないと仮定してますが。

 

無痛分娩って全ての産院でやっているわけでもないですし、費用もすごくかかることがあるので、無痛にしたくてもできなかったママもいるかと。

 

でも、経産婦さんの無痛分娩って・・・結局無痛にならないこともあるらしいです・・・

 

というのも、これは友人からの話で実際私の周りでもあった話なんですが、

経産婦はお産の進み具合が早すぎて、無痛分娩の麻酔が間に合わないことが、ままあるらしい(;´∀`)

にゃんと!

 

でもそりゃそうですよねー

私も2人目とか、破水してタクシーの中で陣痛来て、着替えしたら陣痛室は素通り、分娩台で数十分で生まれたんで(;´∀`)

無痛にする予定だったとしても、全然麻酔打つ暇なかったです(;´∀`)

 

でも、ということはその分お産も一瞬、痛みも一瞬ということは言えるんですよね!

 

なので経産婦さんで、無痛分娩予約できた人もできなかった人も、

「無痛の麻酔で楽々出産」か「経産婦らしい軽いお産で楽々出産」か

どちらにせよ、すんなりなお産なんだろう!

と思ったら気が楽じゃないですか?( *´艸`)

 

なので無痛にできなかったママもそんなに心配しなくて大丈夫だと思います◎

二人目三人目出産の陣痛痛みや間隔どうだった?

私の場合の体験談を最後に参考までに書くのですが、

2人目も3人目も痛いのは痛かったんです。

でも1人目の時よりも冷静に痛みに向き合えたというか、うまく痛みを処理できた気がします。

 

1人目の時は痛すぎる!と思って、横になって全身に力を入れて耐えていたのが悪かったのか、なかなか子宮口も開かずで。

 

一晩中陣痛2分間隔!とかでしんどかったんですが、自分のやり方がうまくなかったな~と思ってたんです。

 

なので2人目の時はとにかくいきみ逃しと痛みを逃す呼吸のイメージを事前に練習!

 

(具体的には息を長くゆっくり吐いて、下半身の力を抜く、とか、寝転がっているよりも立って壁に手をついて腰をゆする、とか、よく助産師さんに教えてもらえる程度のことです)

 

そしたら、陣痛がきた当日も冷静に痛みを逃す?というかやり過ごせる!と信じて過ごせましたね。

 

私の場合は「誰にも触って欲しくない!」というタイプの陣痛だったので、別に夫の助けとかいりませんでしたが(笑)

一応背中のさすり方とかテニスボールでのお尻の押し方とか、そんなんを事前に何パターンか打ち合わせておくことはしてました。

 

でもやっぱり痛みを和らげる?いきみを逃して分娩を促す呼吸法を練習しておくのが一番かな!と思います!

 

あとは膣ピチュもやると効果あると思います。

私は3人目は毎日バタバタで臨月入ってからしか膣ピチュしてないですが、それでも3人目出産時はキズなし!痛い縫合なし!で楽ちんでしたよ(*´▽`*)

二人目出産陣痛を乗り切るには!まとめ

出産陣痛は怖いけど嫌でもやってくるもの・・・

怖いけれどあまり考えすぎずに、勢いで当日を迎えることをおすすめします( *´艸`)

 

呼吸などのイメージトレーニングは万全に!

でも考えすぎてもしょうがないのでできるだけ無心で!

 

陣痛の最中は赤ちゃんに「痛いよね~一緒に頑張ろうね~」と語りかけながら乗り切りましたよ。

必ず乗り切れますのでがんばりましょうね(^-^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ