ハローベビーをおすすめしない理由…産み分けゼリー失敗する前に!

今回は産み分けゼリー「ハローベビー」に対して

ちょっと個人的に疑問に思っていることについてです。

 

産み分けゼリーハローベビーはおすすめできる?

 

ハローベビーはかなり人気があるようですが

私は自分自身が産み分け成功を助けてもらっている

「ベイビーサポート」という産み分けゼリー(ローション)を

このブログでは紹介していたのですが、

 

どうやら【ハローベビーゼリー】という産み分けゼリーをオススメしている人が多いし、

実際かなり多くの人が使っているらしい・・・

 

ということでハローベビーについて調べてみました!

 

で、これって本当におすすめできるのかな?

と疑問に思った点がいくつかあったので書いてみます・・・

 

内容量について

ハローベビーは1回1本ずつの使い切りタイプです。

 

本家グリーンゼリー・ピンクゼリーのように、自分で計量しなくてよいので

その分使う際の手軽さがあるのは良いポイント。

 

ですが、問題はその1回あたりのゼリー容量…

 

公式サイトでみてみると、内容量は1本あたり1.6ミリ、となっています。

 

これって小さじ3分の1以下…(・_・)

 

うーーーん(´ε`;)ウーン…

 

本当にこれで足りるのかな??

というのが正直疑問になるところです。

 

これで膣全体をph調整できるのかな?

 

ちなみに本家グリーンゼリー・ピンクゼリーの1回分使用量は

3〜4ミリリットル。

(シリンジで自分で計量するので幅あり)

 

私がおすすめするベイビーサポートの1回分使用量は4.5ミリ。

 

本家のピンクゼリー、グリーンゼリーは産婦人科でも使われているものですから、信頼性はまあ高いとして

 

ベイビーサポートがその使用量の1〜1.5倍。

対してハローベビーは3分の1以下(;´∀`)

 

よほど本家よりもph調整能力が高くないと

使い物にならないと思うのです(゜_゜)

 

この辺、どうなんだろう?と疑問が残りました。

もしかして相当成分が良いものなのかもしれませんが…

 

ちょっと公式サイトの情報を見た限りでは

その良さは私にはわかりませんでした。

 

ちなみに元々ハローベビーも5ミリ程度の容量だったようなのですが、

ハローベビープレミアムとして生まれ変わったときに、どうやら内容量が減ったらしい。

 

(コストの関係で)

 

成分が良くなったから、内容量を減らしても以前と同じかそれ以上の効果が見込めるということなのでしょうか?

 

というわけでこの後、成分についても見てみました。

 

ハローベビープレミアムの成分について

以前、ハローベビーはハローベビープレミアムに改良されたのですが

その時に成分についても少し変わっています。

 

特にフルクトースという成分を売りにしている模様。

 

フルクトース自体の働きがどういうものか

公式サイトでの説明はこちら

 

ちょっとわかりにくいような…?

 

なので、お客様サポートに問い合わせてみました。

 

問い合わせ内容は↓(クリック拡大可能)

「男性の届ける力となる成分」の意味がわからないので教えてください、

という内容で問い合わせてみました。

 

 

回答のメールがこのように来ました。

 

薬事法の関係で明言できないのはしょうがないですね。

 

で、フルクトースは精子のエネルギー源になるとのこと。

 

ちょっとまだ腑に落ちないので、自分で調べてみました。

 

フルクトース (fructose)、または果糖(かとう、fruit sugar)は、糖の一種であり、単糖の一つである。水溶性の白色の結晶であり、全ての糖の中で最も多く水に溶ける。フルクトースは、ハチミツ、木に成る果実、ベリー類、メロン、ある種の根菜に多量に含まれ、精液にも微量に含まれている。

Wikipediaより引用

 

その他色々調べてみましたが、まとめると以下のようでした。

 

  • フルクトースは果糖とも呼ばれる糖類。
  • 元々精液にも少量含まれている。
  • 精子のエネルギー源はこのフルクトースのみ。

 

元々精液に含まれている「精子のエネルギー源」を

ゼリー注入によって増量させる、ということで合点はいきました。

 

フルクトースの配合量などは企業秘密でしょうし、どの程度画期的な配合なのか不明ですし

これによって内容量が1.6ミリでも効果を発揮するのかはわかりませんが

 

この辺は購入側が天秤にかけて検討するポイントかと思います。

実はハローベビーの1回量は1〜2本

1回量が個包装になって使いやすくなっているハローベビー。

 

ですが、公式サイトを見てもわかるとおり、

実は1回の使用量は1〜2本とのこと。

 

1本と言い切ってないんですね!

 

個人差があるのでということでしょうか…

 

しかし、産み分け潤滑ゼリーを購入する人は

産み分けに対して少しでも効果があるものを使いたいでしょうから

 

もしケチって1本にして、期待通りの結果にならなかったら後悔しそうです…

 

つまり。

2本使用することになりそうですよね(゜_゜)

 

もちろん産み分けゼリーを使えば必ず希望の性別が生まれるわけではないですが

どうせ使うなら最大限効果を発揮してほしいものです。

 

この点、

標準使用量1〜2本、と幅を持たせているのは

潔くないというか、あまり使用者目線でないと思うのは私だけでしょうか…

 

 

成分に自信があるなら、価格を上げてでも、

ちゃんと十分な1回量を1本に充填しておいてほしい!!

 

私ならそう思います。

 

ハローベビーに対する個人的疑問まとめ

私は使っていませんが、

結構売れている様子のハローベビーが気になって調べてみました。

 

・本家と比較して内容量がかなり少ない

・フルクトース配合と浸透圧の改良の効果>内容量激減の影響?←この辺未知数

・使用量がはっきりしない

 

このような感じになりました(・_・)

 

成分や効果の良し悪しははっきりしたことは言えませんが

少なくとも最適な使用量がはっきりしないのは痛いかなあ…と思います。

 

ハローベビーの購入考えている方は

以上のような点も検討した方がいいかもしれません。

 

 

管理人の断然オススメはこちら↓
とことん追求した日本製【ベイビーサポート】


ハローベビーほどメジャーではないかもですが

安心感を持って購入できました。

 

<関連過去記事>

産み分け成功体験はこちらの記事ご参照♪

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ