妊娠中デリケートゾーン黒ずみ原因と家でできるケアや市販クリームで消す方法

妊娠中、身体中の色々な箇所のお肌の黒ずみで悩む妊婦さん。

 

その中でも人知れず悩んでしまいがちなデリケートゾーンの黒ずみについて

  • 妊娠中に黒ずみやすい原因
  • デリケートゾーン黒ずみのセルフケア方法
  • 市販品の美白クリームで黒ずみを消せる?

などについてまとめます。

デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

妊娠中デリケートゾーン黒ずみの原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみ。

妊娠前はそこまで気にしていなかった・・・という方も、

妊婦さんになって急に気になり始めるというケース多いようです。

 

また、妊娠してから、脇の下やちくび、おしりなど、

各所のお肌の黒ずみがひどくなった!という妊婦さんは多いですが

その一環で、妊娠前よりデリケートゾーンが黒ずんでいる気がする・・・

ということも起こるようなんです。

 

デリケートゾーンは人目にさらすわけでもない箇所ですが、

やはり妊婦健診で内診などの機会も定期的にありますし、

対・お医者さん、助産師さんだとしても

エチケットとして?女性として?どうしても気になる・・・

そんな気持ちわかります!

 

では・・・妊娠中にデリケートゾーンの黒ずみがひどくなってしまう原因は何なのでしょうか?

 

一般的にお肌の黒ずみの原因は

肌を守るために生成される「メラニン色素」によるものということは良く知られています。

 

紫外線を浴びたときに日焼けしてしまうのも、

紫外線ダメージから肌を守るために生成されるメラニン色素のためですよね。

 

そしてメラニン色素による黒ずみは、

お肌の新陳代謝によって少しずつ解消されるのが普通なんですが・・・

 

 

ではお肌の中でも妊娠中にデリケートゾーンが黒ずみやすい理由とは?

というと

 

常に下着などで摩擦を受けてしまうということ

そして

お肌のターンオーバーが妊娠によるホルモンバランス乱れによって崩れること

 

つまり、もともと黒ずみやすい場所なのに

妊娠中のためお肌の新陳代謝が通常のリズムで進まず

黒ずみが蓄積してしまう

 

ということなんですね。。。

 

妊娠すると女性ホルモンのバランスが通常と異なる状態に崩れる

というのは自然なことなので

デリケートゾーンが黒ずみやすくなるというのも

ある程度致し方ない事象というわけなんです。

 

妊娠中デリケートゾーン黒ずみの家でできるケアって?

妊娠中にデリケートゾーンが黒ずみやすい

というのはしょうがないとしても、

少しでも改善・予防するような自宅ケアってないかな?

と思う妊婦さんもいると思います。

 

上に書いた「デリケートゾーン黒ずみの原因」に対処する方法をあげていきます。

 

肌への摩擦の少ない下着を選ぶ

まずはメラニン色素をできるだけ生成させないように

摩擦がなるべく起こらないような下着選びをしましょう。

 

特に妊娠中ということで、お腹はもちろんのこと

腰回り・お尻周りもどうしてもサイズアップしていく時期です。

 

小さめの下着を履いていることで、

覆われている部分全体の摩擦が大きくなってしまいます。

 

妊娠前の下着をギリギリまで使うということはせず

早めの段階でマタニティショーツに変えていく

というのも対策の一つになりますね。

 

そしてショーツを選ぶ際は、

マタニティショーツだと比較的肌に優しい素材でできたものが多いと思いますが、

コットン100%などの肌当たりの良い素材のものが良いでしょう。

 

刺激の少ない石鹸で洗う

妊娠中はオリモノの分泌も多くなったりするので

汚れやにおいが気になりがちということもあり、

陰部をごしごし洗ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

ですが、ボディータオルでごしごしこすったり

肌への刺激が強いボディーソープを使って洗うことにより

デリケートゾーンへの刺激が強まり、黒ずみの原因になってしまいます。

 

できるだけ刺激の少ない洗浄料・石鹸(無添加のものなど)を

手のひらで泡立てて、優しく洗うようにしてください!

 

できればデリケートゾーン専用の石鹸を使うとベストです。

黒ずみを薄くしてくれるような効果のあるものや

妊婦さんだからこそ気になる、臭い対策効果のある石鹸もあります。

 

デリケートゾーン専用石鹸は

普通の石鹸よりも若干割高ではありますが

股部分だけを洗うためとすると意外と長持ちしますよ◎

 

また、黒ずみケア効果のある石鹸であれば

他の黒ずみが気になる箇所(膝やお腹や脇など)にも使えたりするので

美容品の一種として購入を検討するのも良いかと思います(*‘∀‘)

 

そして

洗ったあとはすすぎ残しがないように注意してくださいね!

 

デリケートゾーン専用のクリームで保湿する

お肌の乾燥も肌への摩擦を強めてしまう原因に。

 

デリケートゾーンも例外ではないので、

保湿をするというのも黒ずみ対策の一つになります。

 

また、皮膚が乾燥すると、潤いを少しでも逃がさないようにと角質が硬くなってしまいます。

このことで、新陳代謝による肌の生まれ変わりが阻害され、色素沈着になっていくんです。

 

なので、保湿をすることで、間接的に肌の新陳代謝を助けることにもつながり、黒ずみの軽減につながるんですね。

 

 

で、保湿するときは専用のクリームなどを使うようにしてください。

デリケートな部位なので、普通のボディ用の保湿剤は刺激が強い場合があります。

 

また「黒ずみを消したい」からと言って

通常の美白ケアの化粧品などを使うのも、トラブルの原因になりますのでご注意ください!

 

私自身の話をすると、一人目の妊娠時に「妊婦ってこんなに黒ずむものなんだ」と驚いたのもあり(;´∀`)

限られた期間の悩みだからこそ、しっかりデリケートゾーン専用として作られている保湿クリームを使うという選択をしました◎

↑実際の写真。

こちらのクリームは使用感も結構よかったです(また近いうちにレポートするのでそちらも参考にしてください)

何より、妊娠中で身体に悪影響を与えたくないという気持ちもあったので、それなりに品質の良いものを使うことによる安心感は大きかったですね(*´▽`*)

 

妊娠中デリケートゾーン黒ずみを市販クリームで消せる?

 

先ほどデリケートゾーンの保湿について少し書きましたが

ドラッグストアなどでも手に入る通常の美白化粧水やクリームは

デリケートゾーンには不向きなので使わないようにしましょう。

 

また、妊娠中は美白ケアと言っても避けた方が良い成分もあります。

 

「美白!」とむやみに使用すると、お腹の赤ちゃんに影響がないとも限らないので十分注意しましょう。

 

妊娠中でも使えるデリケートゾーン用クリーム、

しかも通販で買える物というのもあるのでしっかり選ぶようにしてください!

(妊娠中使用不可であれば、販売ページなどにそう書いてあるか、購入前のお客様サポート問い合わせなどでも回答してもらえるはずです)

 

保湿だけでなく、黒ずみも同時ケアしてくれるデリケートゾーン用クリーム(しかも妊娠中や敏感肌でも安心な成分)もあるので、

そういったクリームであれば、より悩める妊婦さんのサポートになってくれるかもしれませんね◎

デリケートゾーン訴求

最後に

妊娠中のデリケートゾーンの黒ずみというのは

ある程度はしょうがないこと・・・

 

とは言っても産後まで待てない!

できるだけ黒ずまないように予防や対策したい!

という場合。

 

肌への摩擦を避けること、そして

洗ったり保湿する際は刺激の少ない方法、

できれば専用の石鹸やクリームを使ってケアした方が良い

ということを書いてきました。

 

あまり気にしすぎるのも良くありませんが、

無造作に行っていることで黒ずみがひどくなる原因になっているかもしれませんので、できるところから習慣を改善してみて様子を見てくださいね◎

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ