妊娠中に血糖値下げるお茶はある?効果は?妊婦も飲める?

 

 

妊娠中に何回かある血液検査。

ここで血糖値が高いと妊娠糖尿病のおそれ、として病院から食事制限など言い渡されることが多いかと思います。

 

そもそも妊娠中はホルモンの影響でインスリン(血糖値を下げる働きのあるホルモン)の体内での働きが抑えられてしまうため、血糖値が上がりやすい状態。

そのため、前回の血液検査もギリギリだった!とか年末年始など食習慣が変わることがあると、次回の血液検査が心配になるかと思います。

 

そこで、ちょっと血糖値が心配・・・という妊婦さんが、お茶で何とか対策できないかな?と思った場合、どんな選択肢があってその効果はどうなのかについてまとめました。


妊娠中に血糖値が高い!下げるお茶はある?

血糖値を下げる効果のあるお茶としてよく知られているものにはいくつかあります。

 

  • 緑茶
  • グアバ茶
  • プーアール茶
  • 桑の葉茶

 

一番取り入れやすいのは、普段から生活に身近にある緑茶かと思います。

緑茶がどうして血糖値を下げる効果があるかというと、緑茶に含まれるタンニンには糖質の吸収を抑えてくれる効果があるそうです。

 

タンニンが豊富に含まれているという点ではグアバ茶も同様です。

血糖値を下げる効果が期待できるトクホのお茶「蕃爽麗茶」などもグアバ茶にあたります。

グアバ茶は独特の味で好きな人は好きなようですが、好みが分かれるところですね・・・

 

次に、プーアール茶サポニンという成分が含まれており、これが血糖値を下げる効果があるとのこと。

ちなみにプーアール茶の原材料は緑茶で、これを特別なカビを利用して発酵させて作るそうです。

 

桑の葉茶の血糖値抑制に有効な成分は「DNJ」という、ブドウ糖に良く似た成分。

このDNJはブドウ糖よりも先に体内に吸収される性質があるため、結果的に糖質の吸収を阻害してくれる、という仕組みらしいです。

 

血糖値を下げるお茶は妊娠糖尿病に効果あるの?

このように、血糖値を下げる効果が期待できると言われているお茶はいくつかあるわけですが・・・

こういったお茶、妊婦の血糖値を下げるのに効果があるのでしょうか?

 

この点は結構誤解されていることがあるようなのですが、

「血糖値を下げるお茶」は「今現在高い血糖値を下げる効果がない」ので注意です!

 

上にあげたようなお茶が有効なのは「食事における血糖値の上昇を抑える」という役割になります。

 

つまり「これから上がる血糖値を抑える」ということですね。

これまでに上がってしまっている血糖値を下げるのはあくまでもインスリンの役目であって、「これから摂取する糖質の吸収を抑える」だけで単純には下がらないということなんです(つд⊂)

 

とは言っても妊娠中は血糖値もさることながら、体重管理もかなりの課題ですし、

そういった意味では血糖値を急上昇させないような対策をしていくことは、妊娠期間を健康に乗りきって楽なお産につなげる意味では有効ですね。

 

ということで、あくまでも普段から血糖値をコントロールして体重管理含めた健康管理全般につなげていくという感覚で取り入れるのが良さそうです。

 

ちなみに私も今回の妊娠期間中にこういった「トクホ」のお茶など飲んでいいのかお医者さんに聞いてみたことがあるのですが、そのお医者さんの見解では

「気休め程度だし、飲んでも飲まなくても」

のようなコメントでした(;´∀`)

 

いずれにせよ、血糖値が上がってしまって注意を受けたら、食事制限と運動で解消していくことでしか、根本解決にはならないでしょう。

 

血糖値を下げるお茶は妊娠中も飲んで良い?

上に書いたようなお茶、健康には良さそうだしどうせなら飲みたいけど、そもそも妊婦はこういうお茶を飲んでも大丈夫なの?という問題もあります。

特に「トクホ」のお茶などは、お腹の赤ちゃんに何か影響が出たりしないのかな?と心配になる妊婦さんもいるかもしれません。

 

結論から言うと、上に挙げたお茶はいずれも妊娠中に飲んではいけないものとはされていません!

トクホの「蕃爽麗茶」などにしても、妊婦は飲んではいけないとはされていませんね。

 

ですが、ちょっと気を付けてもらいたいのは、各お茶に含まれるカフェイン

緑茶やプーアール茶はノンカフェインではありませんから、一日1~2杯程度では問題ないとはいえ、しょっちゅう飲むのは赤ちゃんに負担になると思われます。

 

また、グアバ茶などにも含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害する効果があります。

妊娠中はただでさえ貧血になりやすいですから、タンニンを含むお茶をあまり摂取すると、鉄剤を処方されるはめになるかもしれません・・・

(鉄剤って便秘が悪化しやすくてできれば飲みたくないんですよね)

 

上に挙げたお茶で唯一そういった副作用の心配がないのは「桑の葉茶」かなあと思うのですが、あまり一般的に飲まれているお茶でもないと思うので、ちょっとハードルが高いかもしれませんね。

 

ちなみに私自身は妊娠中に桑の葉茶は飲んでいませんが、

良質な桑の葉をそのまま青汁にしたものは「妊婦&産後の体重管理」(血糖値の急上昇を抑える)のために購入して、今現在も飲んでいます!

↓これ
「体重計に乗るのがこわい」とお悩みの妊婦さんに【ゆるやか習慣】

 

こちらは血糖値の急上昇を抑える「妊婦さんや産後授乳中のママ専用」の飲み物なので、妊婦さんでも安心して飲めるかと思います。

【関連記事】妊婦さん専用体重管理に効く青汁!ゆるやか習慣口コミ


妊娠中の血糖値を下げるお茶まとめ

妊娠中に上がりやすい血糖値。

食事による血糖値の急上昇を抑える効果のあるお茶は、身近な緑茶を含めていくつか選択肢があります。

 

ですが、妊娠中に気を付けたい「カフェイン」や「タンニン」も一緒に摂取してしまうことを考えると、あまりガブガブ飲むことはおすすめできません。

 

また、既に上がってしまった血糖値を下げるというよりは、

これからする食事による血糖値の急上昇を抑える効果が期待できるものであり、

妊娠糖尿病(またはその予備軍)になってしまったら、お茶だけには頼れず、食事制限と適度な運動こそが根本解決になるでしょう。

 

そうならないためにも、食習慣に気を付けたり、

妊婦さんでも安心して飲める飲み物を食事に取り入れたりして、日頃から気を付けていくことが大切かもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ