妊娠中に職場でおやつ・間食するなら何がおすすめ?注意点は?

妊娠中はお腹が空いてしょうがなく、どうしても間食がやめられない!となりがちです。

また、妊娠初期で食べづわりだったりすると、何かと食べていないと辛いですよね。

 

こういう場合、自宅にいるならまだしも、仕事をしている妊婦さんは何を食べていいのか、食べるタイミングなど困ります。。

そこで今回は、仕事中の妊婦さんが職場でおやつを食べるならおすすめは?

や、どのタイミングで食べるのが良い?などについて書いていきます。

妊娠中に仕事の合間に間食するならおすすめは?

 

ものすごい空腹や食べづわりなどで、おやつがやめられない妊婦さん。

でも会社で働いている妊婦さんだと、こんなことで悩みがちです。

  • しょっちゅう食べているのも周りの目が気になる
  • 妊娠初期(安定期前)なので食べづわりだと周りに知られたくない
  • 身体に良い物を食べたいが、職場では出しづらい
  • 食べやすいのはクッキーやチョコレートだけど体重管理が気になる

 

特につわりの場合は食べてしまうのはしょうがないので、食べるとしても健康的なものが食べたいですが・・・

職場で「ところてん」とか「もずく」とか「温野菜」とか食べにくいですよね(;´∀`)

 

仕事を適宜抜け出して食べられればまだよいのですが、ずっと口に入れていないとつらい、という症状の妊婦さんもいますしね。

 

ということで、

できるだけ身体(赤ちゃん)に良いもので、仕事中にちょこちょこつまめるものって何だろう?

について、いくつか提案してみたいと思います◎

 

妊婦の職場おやつおすすめ①おからクッキー

職場でつまみやすいのはやはり焼き菓子のようなものですよね。

でも普通の小麦粉や砂糖たっぷりのクッキーを食べているとあっという間にカロリーオーバーします!

 

糖質の摂りすぎは妊娠糖尿病のもとにもなってしまいますので、ママの体重管理というだけでなく、安産に向けての健康管理としても問題ですよね。

 

そこでおすすめしたいのは糖質の少ない「おからクッキー」です。

市販でも購入することができますが、クックパッドなどにも人気レシピが多数掲載されています(*´▽`*)

Cpicon 簡単♪おからクッキー【糖質制限】 by ☆kamerin☆
↑人気レシピ一例

 

おからは安価で栄養価も高く、低糖質・ローカロリーで、食物繊維も豊富!

妊娠中の間食としてはうってつけです!

 

使う砂糖を上白糖ではなく、ラカントやオリゴ糖などに変えればなお良しですよ◎

 

作るの面倒な場合は、

市販だと↓この辺が美味しくて人気もあるようです。

 

ちなみにチアシードは妊娠中でも安心して食べられるスーパーフードですよ◎

妊婦の職場おやつおすすめ②乾燥小魚やナッツ

職場でつまみやすい乾いたおやつということで、

おからクッキーの次におすすめなのが「乾燥小魚」や「ナッツ類」

 

小魚は妊娠中に不足しがちなカルシウムが豊富ですし、ナッツ類はビタミンやミネラルが豊富。

かつ血糖値が安定しやすい、いわゆる「低GI食品」ですので、

血糖値の急な下降によって感じる強い空腹感なども出にくいおすすめおやつです♪

 

コンビニなどで手軽に購入しやすいのも良いですね。

 

ちなみに今まで私が食べたアーモンド小魚の中で一番おいしかったのはこちら

 

※純粋に味が美味しくて、家族全員手が止まらない感じです( *´艸`)

※チーズ入りなどバリエーションありますが、私のおすすめはプレーンなアーモンド小魚です◎

 

一つ注意点とすると、ナッツは食べすぎると肌質によってはニキビができたりする可能性もあるので、様子を見ながら量を調節してください!

 

妊婦の職場おやつおすすめ③こんにゃくゼリー

ちょっと甘い物が食べたい!

なおかつ、つわりなどでできるだけのどごしの良いものが・・・

という場合におすすめできるのは「こんにゃくゼリー」

 

職場で開けるには、雰囲気によってはちょっと勇気がいる?かもしれませんが(;´∀`)

腹持ちも良く、スルッと喉に入るので、始終ボリボリ音をさせたくないという場合にも使えるのではないでしょうか。

 

一日中こんにゃくゼリーを食べているようだと、お腹がゆるくなったりする可能性もあるのでご注意ですが・・・

カロリーオフのものも多く、味も色んなバリエーションがあるので、他の間食と併用して気分転換的に使ってみてはいかがでしょうか!

 

妊婦の職場おやつおすすめ④雑穀おにぎり

次に妊婦さんにおすすめするおやつは「雑穀おにぎり」です。

おにぎりというと、炭水化物の食べすぎで太るのでは!?なんて心配もありそうですが、

一日の中で適量の間食としておにぎり程度のものを取り入れていくのは、実は体重管理の面からも好ましい食べ方なんです◎

⇒関連記事:妊娠中のおやつにおにぎりって大丈夫?食べ方おすすめは

 

白米ではなく雑穀米というのがポイント!(詳しい理由は上のリンクもご参照◎)

 

ただしデスクでご飯食べてるのもちょっと周囲の目線が・・・

という場合はフロアを抜けて食べることになるかと思うので、そういう対処ができればですね。

(自宅で一口サイズのおにぎりをいくつか作っていってしまう手もあります)

 

妊婦の職場おやつおすすめ番外編⑤氷

最後にちょっと番外編というか・・・

空腹を満たすという意味ではなく「紛らわす」方法かもしれませんが。

 

職場に冷蔵庫(冷凍庫)がある場合は、氷を口に入れておくというのもアリです!

マグカップなどに氷をいれておいて、ちょこちょこ口に入れる感じです。

これだと完全0カロリー、水分もとれますし、飲み物飲んでいるのと見た目は変わりませんから職場でも問題なしです(*´▽`*)

 

ただし(上にリンク載せた記事にも書いてますが)

完全に空腹になる前に間食を取った方が、むしろ健康面や体重管理の面でも好ましい食べ方ですので

「常に何か口に入れておきたいけど、さすがに食べ続けるのはちょっと」

という場合の小技としてお使いください(*‘∀‘)

妊娠中のおやつで注意すべき点は

妊娠中かどうかに関わらず、適度なタイミングで少量の間食をとるのは、むしろ健康的なので、おやつを食べること自体は問題ないのですが・・・

以下のポイントには気を付けて食べた方が良いです(*´ー`*)

 

まず空腹になりきる前に食べること。

次に糖質や脂質少な目の物を食べること。

そして、満腹にならない程度に食べること。

 

お腹がすいた!と脳が指令を出す前に、少しずつ、身体に良いものを食べる

というのがおすすめの食べ方になります◎

 

また、一つの盲点として・・・

妊娠後期~臨月の乳腺が発達する時期に脂質や糖質をとりすぎると、ざらざらの固まったような母乳が乳腺に詰まって、産後スムーズに母乳が出ないことも!

私は産前のおやつのせいで、産後すぐ乳腺炎になりました(つд⊂)

 

なので母乳育児を考えているママは、そういった意味でも、間食の内容には注意です!!

妊婦の職場でのおやつについてまとめ

妊娠中の間食は、食べるタイミングと量を適切に。

そうすれば、おやつを我慢するよりむしろストレスなく健康的に妊娠期間を乗り切るために効果的です!

ということで、お仕事している妊婦さんも、今回の記事で紹介したような、デスクでもつまめて食べやすいおやつを用意して、罪悪感なく食べてくださいね◎

 

ご参考になりましたら幸いです(*´ー`*)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ